2006年09月28日

ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (2)

200512000082.jpg
ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (2)


結構強引なミステリーだなぁと思ったけれど、
それを差引いてもかなり楽しめました。
意外性は十分です。

キャラの魅力・セリフ回し・精緻な作画
そして、独特の重さ・グロさに引込まれてしまいました。
清純派ラブコメ+惨劇という仕様が好かったです。
ネタや伏線が多いので繰り返し読んで楽しめる作品だと思います。

ここで立ち読みできます。
(以下ネタバレ注意)





私は原作未プレイなので夏美の症状についてはあまりよくわからなかったです。
そのためか、ミステリーホラーとしてはどうかなぁという感じ。
但、ラブコメ要素にはビビっときましたですよ。にぱー。

 「俺と同じ世界にいてほしい」という暁のセリフに、
残酷な現実も償いきれない罪もひっくるめて夏美と一緒に背負って生きていこう
という覚悟と情愛を感じました。(若いのに肝座ってるなぁ・・・。)
 そして、暁君が夏美に刺されながら、
「絶対ずっとそばにいる」と語りかけ倒れ込むシーン。泣けました。
暁君テラカッコヨス。

夏美の今後はどうなりましょうか。
罪の重さに押し潰されなければいいですが。
彼がそばにいれば、大丈夫…だよね・・・・。
posted by wotamaturi | Comment(0) | TrackBack(4) | 漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

漫画版 『ひぐらしのなく頃に』 鬼曝し編 (2)
Excerpt:  雛見沢大災害――。  その余波は、特に近隣の町に、大きな影響を及ぼしていた。  雛見沢界隈の出身者たちによる、恐慌――、 “オヤシロさまの祟り” が下ることを怯え、何とか助かろうとする人たち..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2006-09-28 21:14

雑記 9/27日「そういや・・・」
Excerpt: 明日がG.U.のVol2の発売日だってこと忘れてましたよこんばんは! 何か友達が1日前に、つまり今日買ってるの見て思い出した。「ネタバレしたら殺す」と笑顔で言っておいた☆(笑 俺は..
Weblog: 有限と無限
Tracked: 2006-09-28 22:31

鬼狂。
Excerpt: 鬼狂とありますが、別に←鬼眼の狂ではないです!!←鬼曝し編の2巻でしゅ!!怖い!!怖い!!怖い!!あとがきマンガが1番おもしろかったですけどね。。。←やっぱり画像なしかよベルセルク31巻!!ゾットが!..
Weblog: 神楽のお部屋。
Tracked: 2006-09-29 22:38

駄作?迷作? 「ひぐらしのなく頃に」 →設定が甘すぎたのが敗因
Excerpt: ●舞台の背景が安いネタバレはしないので、詳細は書けないが脳に感染して人格を凶暴化させる病原体(ウイルス?)が風土病的に存在する雛見沢村で病原体に冒された登場人物たちが猟奇殺人の犯人になったり被害者にな..
Weblog: 眞鍋かとりのココだけの話
Tracked: 2009-05-02 01:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。