2006年03月02日

クラナド 感想@ 

PS2に移植されたクラナド
をようやくプレイ。
AIR
(PS2版もベストになって廉価にまってます。)から約6年待ちました。
思えばAIRの頃は窓95でPCゲープレイできてたんですよね・・・。

トリアエーズ、渚、杏、智代、春原、椋、美佐枝、勝平、クリアしますた。
あとは、風子、ことみ、幸村、アフターストーリー、ですか。
噂通りテキストが膨大ですね。面白いのでダルくはないですが。
今回あえてAIRとは比較はしません。が、

やっぱ言っときたいのは、いやっほーぅ!春原最高ーー!!ってことですね。
この作品は良くも悪くも春原依存ゲーですね。(略してすのゲーby阪口大助)
彼にはだいぶ笑かされました。
膨大なテキストが冗長にならなかったのは彼のおかげじゃないでしょうか。
彼自身の個別シナリオもあるくらいですし。

音楽はKEYらしく完成度高かったです。
OPのメグメル良いですとても。
OPアニメーションも非常にマッチしてていい感じです。
その途中で実写のシーンがあるんですが、これは今作、KEYにしては結構現実感があるというか生々しいんですが、
そういう傾向をここで表現したかったのかな、と思いました。
ただ、OP挿入部分が冒頭近辺ではなく、渚の回想の途中だったのが謎です。
まだアフター編含め全編完遂してないのでなんとも言えない所かもしれません。

感想@ 智代編
※以下ネタバレ注意。(なるべく抽象的に表現したつもりですが。)全員の感想をちゃんと書くかどうかはわかりませんが、とりあえず智代シナリオの感想。
結論からいうと少し期待はずれでした。(智代アフターっていう続編が出ているくらいなので期待してました。)
共感できるかどうかが全てなのかもしれませんが。

このシナリオは山場が二つあると思いますが、まず一つ目の山場。
主人公の決断と智代の受諾。
足枷になるとか進むベクトルが違うとかって恋愛においてそんなに重要でしょうか??
僕はむしろ障害があるほど燃えると思う方なので、結局その程度だったとしか思えなかったですよ。
周囲や社会の否定的な評価はわかりますが。変に生々しいです。

で、百歩譲ったとしても二つ目の山場。
智代さん降りてきちゃう過程。
 譲れないことが一段落ついたから降りてくるってのは軽いと思いました。
八ヶ月も放置してたわけですから。その譲れないことは他の方法を探すなり両立させて達成できないことではないと思いますし。
 そして、その間主人公は登る心意気すら見せなかった。関係を修復しようという心理描写もなかった。
 それなのにこの結末は強引すぎるんじゃないかと。
なんかすっきりしないです主観的に。

とはいっても、ギャグやセリフのやり取りは面白かったし、作画も音楽もよかった。
強気で言葉づかいも男っぽいけど献身的で女の子らしい智代ちゃんは可愛かった。
総じてよかったです。それだけに山場のシナリオは残念でした。

今回は智代シナリオだけの感想でした。
他はまた気が向いたら。
posted by wotamaturi | Comment(2) | TrackBack(0) | AVG
この記事へのコメント
ども、はじめまして。クラナドのブログ作ってる者です。

>この作品は良くも悪くも春原依存ゲーですね。(略してすのゲーby阪口大助)
春原いい味出してますよね〜セリフも一番多いみたいですしね。

メグメルのオープニングは、見ているだけで涙ぐむほど良いです(変?

智代シナリオは、朋也がちょっとダメなやつに見えましたね。そのダメなところがこのシナリオになってしまった…のかな?(的外れなこと書いてるかも…

智代さんの献身的なところや、ちょっとした言葉で傷つく弱いところとかは良いですよね〜
Posted by 黒瓜しゅう at 2006年03月02日 22:32
はじめまして〜。コメントありがとうございます!

ホント春原君には近年のギャルゲーでは一番笑かされましたw

メグメル、OPアニメーション付で聴くと一層よくて、もうすでに何十回見たかわかんないくらいです。

智代シナリオ、ダメ出ししてしまいましたが、今思うと自分少し浅はかだったかもしれません。いる世界が違いすぎてて足枷になっているのは彼女のことが好きだからこそかなり辛いことなのかもしれません。

>そのダメなところがこのシナリオになってしまった…のかな?

なんかわかる気がします。
他のシナリオでは、積極的に相手を支える・助けになる主導権は大体主人公にあったと思うんですが、
このシナリオでは割と主導権握られっぱなしでwそういうコンセプトの話も作りたかったのかな、と。

>ちょっとした言葉で傷つく弱いところとか
万能な彼女の基本的な態度とのギャップがいいですよね(´∀` )
Posted by wotamaturi at 2006年03月03日 07:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14006434
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。